在籍確認が気になる方へ

キャッシングをお考えの方が契約するときに気になること、
それは勤務先への在籍確認なのではないでしょうか?

 

在籍確認は、毎月の返済能力を確かめる為の大事な審査ですから絶対に必要なことです。

 

しかし、絶対に必要だけれども回避する代替え案もあるということを知ってほしいと思います。

 

在籍確認が、どのように行われるのかを確認してみましょう。

 

 

在籍確認の方法

契約に必要なのが【在籍確認】の電話連絡です。
実際に申告のあった会社で働いているかを確かめることが目的です。

 

このとき、電話は消費者金融業者名ではかかってきません
担当者の個人名でかかってきます。

 

「貸金業法」で「契約者以外の第3者に契約の事実を知らせてはならない」と定められているからです。

 

では、契約社員の方などのように、その会社に常駐していない方は、どういう対応をすればいいのでしょうか?

 

会社にいないのできちんと証明してもらえるのか?自分がいなくても大丈夫か?「ここにはいません」などとと言われないか?と不安だと思います。

もちろん、必ずしも本人が電話口に出る必要はなく、「今、外出中です」などの返答でもOKなので安心して下さい。
社内の人が会社に在籍することを証明してくれる発言をしてくれればOKです。

 

また、確認電話をかけてもらう時間指定も可能です。

 

電話確認に代わる確認方法

申し込み時に在籍確認を希望しない理由を、まず説明しましょう。

 

その状況により、電話での在籍確認に対してご要望がある場合は、申し込み後すぐにご相談ください。

 

ただし、ご要望に添えないこともあります。

 

この場合に必要になる書類とは

 

その勤務先に在籍していることを証明できる

 

社員証在籍証明書
会社発行の健康保険証
直近の給料明細書源泉徴収票  

 

などを指します。

 

 

消費者金融カードローンキャッシングランキング

 

プロミス(モバイル)【成約】
プロミス

≪実質年率≫ 4.5%〜17.8% ≪限度額≫ 1万円〜500万円
≪審査時間≫ 最短30分回答

 

⇒⇒プロミス公式サイトはこちら

 

モビット

≪対象年齢≫ 20歳以上69歳以下 ≪審査時間≫ 10秒簡易審査
≪実質年率≫ 3.0%〜18.0% ≪限度額≫ 1〜800万円
≪返済期間≫(最長)8年10ケ月≪返済回数≫(最大)106回

 

 

 

⇒⇒モビット公式サイトはこちら

 

在籍確認が気になる理由

それは、家族や会社の人にキャッシングをすることがバレるのではないかと恐れるからだと思います。

 

しかし、現在の消費者金融業者は、プライバシー保護や個人情報の保護について徹底されていますので必要以上に怯える心配は全くありませんので安心して下さい。

 

延滞などを起こさない限りたとえ家族であっても融資の事実はしっかり秘密にされますので、キャッシングを申し込んだということがバレてしまう心配は一切ありません。

 

不安になる必要はありません。

 

在籍確認についてまとめると・・・


  • 在籍確認は必須
  • 各種書類提出等の代替手段の相談が可能(ただし、ご要望に添えない場合もあります。)
  • 在籍確認をしかたらといって借入のことが家族や会社にバレる心配はありません。
  •  

     

    審査に通っても無理の無い範囲でカードローンを利用するようにしましょう!

 

更新履歴